剃る脱毛

ムダ毛が気になったら、カミソリで剃りますか。

一番手軽な方法で、場所を問わずにできるのが魅力です。

旅行先でうっかりムダ毛の処理を忘れていたら、コンビニで売っているカミソリで、十分間に合います。

化粧中にちょっと気になる口元を、すこし剃ってみたりできます。

男性のヒゲそりには、T字型の3枚刃、4枚刃、5枚刃もあります。

メーカーによって微妙に形が違うので、替刃購入の際にはどこの何枚刃か、要チェックです。

剃るときには、床屋さんと同じように、剃る部分を濡らして温めます。

出来ればシェービングクリームを塗ってから剃ります。

毛の生えている向きに沿って剃ると、肌を痛めません。

顔などの狭い範囲を脱毛する時には、剃る方が良いようです。

あまり切れなくなった刃を使って、何度も顔そりをすると、肌荒れを起こします。

剃り残しがあったら、毛抜きなどで取った方が良さそうです。

剃った後は、シェービングローションを塗るなどして、アフターケアも大事です。

電気シェーバーは便利です。

T字のカミソリに比べて、刃が長持ちしているようです。

ただし、剃れなくなったのに気付かないまま、使い続けていると、機械が無理やりムダ毛を引き抜くので、肌を痛めます。

電気シェーバーにしても、カミソリにしても肌に押し付けないことが肝心です。

肌ごとそり落としていては、肌トラブルは避けられません。

関連ページ・・》http://www.pluswellness.com/column/detail.php?id=60

抜く脱毛

気になるムダ毛は、毛抜きで抜きますか。

毛抜きは紀元前より使われていて、縄などを肌に押し付けて、毛をからめ取る方法も行われていました。

(さらに…)

医療機関で脱毛

医療機関で脱毛処理を行ってくれます。

男性の利用も増えています。※参考「ひげ脱毛の知識大放出サイト

レーザー脱毛と呼ばれているもので、レーザーを使って毛根を破壊します。

永久脱毛とも言われています。

毛穴を直接施術するので、痛みはあります。

一度に処理できる数が決まっているので、数回通うことが必要になります。

レーザー脱毛は色に反応するものです。

黒い色に反応して処理をするので肌とムダ毛の色の区別がつきにくい、もしくは日焼けした肌では施術できないということになります。

レーザー脱毛のほかにはエステサロンで行われている光脱毛やフラッシュ脱毛があります。

医療機関で使用されているものとは出力が違うのでどうしても効果はレーザーに比べると低いですが、安価のため気軽と考える人もいるようです。

また、中国や韓国で古くから行われていた糸脱毛が行われているサロンもあります。

糸でムダ毛をからめ取る方法で、肌の質が良くなり、肌色が上がるということで、ブライダルエステのメニューになっているようです。