抜く脱毛

気になるムダ毛は、毛抜きで抜きますか。

毛抜きは紀元前より使われていて、縄などを肌に押し付けて、毛をからめ取る方法も行われていました。

毛根から引き抜くため、次が生えてくるまでの時間が長いのが特徴です。

数が少ない眉毛や、あご、首などの毛に良く使われるようです。

他の方法に比べて格段に痛みが強いのが難点です。

いつも抜いていると、肌のダメージが強いために毛が変形したり、色素沈着するようです。

毛穴が開いたり、雑菌が入って炎症を引き起こすこともあります。

お風呂上りなどに、毛抜きを使うときは、毛の向きに沿って根元から一気に引き抜きます。

毛根などが毛穴に残ると、トラブルの原因になります。

電動毛抜き機があります。

原理は、古代の縄目を肌に押し付けてからめ取るのと同じです。

ゴムでできた突起を回転させて、ヒゲなどを取ります。

形は電気シェーバーと同様です。

お風呂場で使う場合は、抜いた部分はシャワーなどで洗い流します。

毛抜きさえあれば、どこでも抜ける手軽さで、持ち歩く人がいます。

暇さえあれば手や顔のムダ毛を抜くのは、適度な刺激のためか、習慣性があるようです。

気分のままに、鼻の角質まで抜くのは、あまり肌に良くないようです。

Comments are disabled